わたしの理想のオトナな社会人生活

高校生くらいのときから思い描いていた、わたしのオトナな社会人生活。

大人になって車を買ったら、少し早めに家を出て、朝の空気は澄んでいて気持ちがいいなぁと、全開の窓枠に右ひじをついて運転する私。

朝焼けが眩しいから、少し大きめのサングラスをかけて運転する私。

出勤前にドライブスルーのコーヒーショップに立ち寄り、サンドウィッチとドリンクを購入して、落ち着いた洋楽が流れる車内で優雅に朝ごはん。

出勤ラッシュを避けるために、高速道路を使う私。

先日、やっと『理想のオトナな社会人生活』を実演することができました!
早起きをして、サングラスをかけて車に乗り込み、窓全開でさぁ出発。

普段は聞きもしない洋楽の選曲は「ねばーえばーえばー♪」。

この日の朝は確か気温5℃くらいの天気は曇り。

窓を閉めてサングラスを外す。

40分かけてスタバのドライブスルーへ行ったはいいけれど、いい歳して未だにコーヒーと牛乳は好んで飲まないくらい好きではないことに気付く。

仕方がないのでオレンジの飲み物とサンドウィッチを購入して、帰りは高速を使ったのはいいけれど、トラックの運ちゃんビュンビュンとばすもんだから、びびってサンドウィッチを食べる余裕はなかった。

オレンジのフラペチーノは全部溶けた。

理想実現率6割くらいだったけれど、充実した朝を過ごすことができました。

もちろん、早起きした分眠くて辛い。