確信犯で覚醒剤を販売しているなら有罪は確定。

密売人と言う言葉を聞くと、はるか遠い存在のことかと思います。
しかし、身近な場所で普通に民家の中に、覚せい剤が隠されていたとして逮捕された男がいます。
組関係者に覚せい剤を販売していたとして、密売、所持の疑いで逮捕されているのです。
男が持っていたのは、覚醒剤690gで末端価格の値段は約4800万円分だと言います。
覚醒剤の在り方は変わってくるとは思いますが、違法であることから違法なモノを持たないことが当たり前の世界にして欲しいと思います。
他にも関連している男3人を逮捕しているとしていますが、関係者はもっと多数いると踏んでいます。
何故覚醒剤を取り扱うのかと言うのは、覚醒剤が儲かるからしかないのです。
覚醒剤は一度使うと中毒性があり、お金が尽きるまで覚醒剤に使ってしまうのです。
密売人は一度捕まえた客は、簡単にお金を出してくれるお得意様と言うことになります。
どれだけ高くても売れてしまうのですから、密売人は辞めることが出来ないのでしょうね。
覚醒剤を取り扱っていた確信犯は、一生牢屋で過ごしてもらいたいですね。
スムージーダイエットで必ず効果を出すたった一つのやり方とおすすめ商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です